注文住宅あんしんホームのサービス

資金計画

子育て世代を応援する資金計画

ローンに追われることなく家族が幸せに暮らすために

私たちのつくる建物のコンセプトは『子育て世代応援住宅』です。子育て世代のご家族が幸せに暮らすためには無理をしないことが大切だと考えています。家を建てることで家族旅行に行けなくなったり、月に一度の外食すらできなくなったりするのは不幸なことです。そんなことにならないよう正確・綿密に資金計画を立てていきます。支払い限度を越えたプランになってしまった場合は、プランを変更することをお勧めすることもあります。絶対に無理はしないでください!

家づくりの予算とは ~安心予算と限界予算~

多くのご家族は、「この際だから・・・」と言って限界の予算で家を建てようとします。しかし、限界予算で家を建てた後、生活はどうなるでしょう?
住宅ローンは特別なローンです。多くのご家族が何よりも優先して住宅ローンを支払い、残った収入で生活のやりくりをしています。食費よりも優先度の高い住宅ローンの金額が大きくなれば生活を楽しむ余裕などなくなってしまうことは想像に難くありません。
そのため、私たちは『家を建てた後も生活を楽しめる余裕のある予算=安心予算』で家を建てることをお勧めしているのです。安心予算で家を建てると限界予算で家を建てるよりも小さな家になってしまいます。しかし、生活を犠牲にしてまで大きな家を建てることが家族にとって良い結果を生むとは思えません。 私たちは、家を建てた後もご家族に幸せな生活を送っていただくことが一番大切だと考えています。

家族を守る資金計画  3つのポイント

家を建てた後も今の生活を楽しむことができるかどうか?

いたって簡単な判断基準ですが最も重要なポイントです。無理な返済計画では、家を建てた後の生活を楽しむことはできません。

全額で考える

建設会社に支払う金額だけでなく、引越し費用や契約用印紙代など、全ての費用で検討することが大切です。家を建てると様々な部分で少しずつ費用がかかります。例えば家具や家電製品などです。家を建てたら家具や家電も新調したいと思いませんか? そのような費用も見込んでおくことがポイントです。

生活設計に合わせたゆとりある返済計画

毎月の返済金額を減らして、余裕のある月に余分に返済します。そうすることで例えば当初35年返済だったところを20年で返済するということも可能です。

ご自分の安心予算を知りたい方へ

それぞれのご家族にあった資金計画をアドバイスします。

安心予算と限界予算は、『引き算の資金計画』と『足し算の資金計画』という考え方に従って決められます。「子供の進学に備えておきたいから」「今は共働きだけど、子供ができたら妻は仕事を辞める予定だから」など、将来の計画についてもお聞かせください。ご家族ごとに返済金額の枠を算出します。
時には、「今、家を建てるべきではないのではないか? 」というようなご家族もいらっしゃいます。その時には、「今はまだ家を建ててはいけません」とはっきりとお伝えするのが私たちの使命です。私たちにとっては辛いことですが、家を建てる時期を見直すことでご家族の苦労が減る場合もあります。家を建てるタイミングについてもアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。
私たちは、予算を守る家づくりをすることをお約束します。安心してお任せください。

理想の住まいづくりは、ここからスタート!資料請求・お問い合わせはこちら

このページの先頭へ